竹島問題の概要。韓国と日本の間の独島 – 竹島領土問題。竹島地図と歴史的記録を通して独島-竹島の歴史。

地図は竹島までの距離を示しています竹島問題は何世紀にも遡る。竹島領土問題の歴史は17世紀初頭に始まる。日本は竹島の日を祝っているが、竹島における日本の活動の真実は論争されている。竹島の概要から始めよう。

竹島 – 独島は、韓国本土から215km、日本本土から250kmの距離にある島である。最も近い陸地は、約87km離れた韓国の鬱陵島である。小島は、天気の良い日には、韓国の鬱陵島から見える。最も近い日本の領土である隠岐の島は157km離れている。

独島は、日本の隱岐(おき)諸島からは決して見えない。(竹島 – 独島 – 視認性と領土認識に関する研究) 小島の総面積は約187,450平方メートルで、その最高点は西の小島の169メートルである。西小島の面積は約88,640平方メートル、東小島の面積は約73,300平方メートルである。

韓国・竹島の地図 たけしま 獨島 竹島竹島 – 独島は、主に150メートル離れた2つの小島(韓国語では西島と東島、日本語では西島と東島)から構成されています。) 西島は2つの島のうち大きな島です。新生代に形成された火山岩である小島と岩礁が合計90個ほどある。独島は、東経約131.52. 東経約131.52度、北緯約37.14度。北緯 西の小島は北緯37.14.31度、東の小島は北緯37.14.27度、東経131.52.10度で、西の小島は1つのピークからなり、海岸線に沿って多くの洞窟があるのが特徴です。
東の小島の断崖は高さ10~20mほど。海へ通じる洞窟が2つあり、クレーターもある。このうち37の小島が恒久的な土地として認められている。2006年、地質学者によると、この小島は450万年前に形成され、急速に浸食が進んでいるとのことです。左の地図は、独島と2つの主要な島を囲むすべての岩を示しています。東の島にあるセメント係留場所に注目してください。東の島の道は韓国警察が島をパトロールして観察バラックにアクセスするために使う。(写真をクリックすると拡大表示されます) (独島 竹島 イメージギャラリー)
韓国の鬱陵島から見た独島の写真
上の写真は韓国の鬱陵島から見た独島である。これらの写真は日本の歴史家が言う韓国領土から独島を見ることができないという主張を反証する。多くの記録は鬱陵島から独島が見えると記述しており、これは6世紀以降、独島が明らかな韓国の土地であることを示している。
韓国の主張から見た記録では、韓国領土は6世紀の統一新羅時代、そして1900年の大韓帝国勅令41号によって正式にこれらの島々が今日の鬱陵郡に編入されたことを示している。 (韓国の1900年独島関連勅令41号.) 日本側の17世紀記録の主張( 日本の初期独島記録 2), そして「無主先占論」による1905年の日本による占領。 (日本の1905年の不法的な独島編入) 今日、韓国はこれらの島々を慶尚北道鬱陵郡の一部と見ているのに対し、日本は島根県、隠岐郡、隠岐島の一部と見ている。
鬱陵島では正規フェリーが運航されている。 2003年と2004年の観光客は1507人、そして1597人と記録されている。 自然的な条件のため、竹島 – 独島周辺を見回る観光ではなく上陸する場合には、特別な許可を得なければならない。 2005 年には、41、000 人がこの島に旅行したが、2007 年には 10万 人を超えた。 その年の一日の独島観光訪問客は1800を超え、その数が劇的に増加した。 右側の写真には休暇を楽しみに来た韓国人観光客が独島の東島にいて、後ろには監視哨所と灯台が背景と見える。

鬱陵島と独島行政当局によると、昨年は132,558人の訪問客が独島を訪問したという。 これには島に上陸したり、見回した人がすべて含まれていた。 訪問者数は前年度の128,000人より4,000人増加した。 5月には晴天で25,626人の最も多くの訪問客を記録しているが、次は8月が23,212を記録している。 約106,000人が実際に独島に足を踏み入れており、他の人々は気候が良くないため、ただ島周辺を回って見物する。 旅客船以外に、2,714人の人々がヘリコプターまたは海軍船舶または行政船で訪問する

900人以上の韓国人市民がこの島に居住していることが示されており、一方、日本人は2,000人が登録している。実際に永住しているのはわずか2人である。韓国政府は居住を主張するために彼らに補助金を支払っている。韓国の通信サービス会社(SKテレコム、KTF、そしてLGテレコム)は韓国の無線電話網を設置するために竹島 – 独島に基地を置いている。
위 왼쪽: Dokdo-Takeshima.com のウェブマスター、Steven J. Barber氏が独島に住む唯一の住民であるキム・ソンド氏と彼の妻、キム・シンヨル氏と最近独島を訪問し、写真を撮った。上の右側: 韓国の魚類が竹島 – 独島周辺に住んでいる(大きな写真を見るにはクリックしてください).
この島自体は居住が難しいが、周辺の排他的経済水域には豊富な魚類資源と天然ガスが埋蔵されているが、2006年の予想埋蔵量は不明である。様々な魚類と海草、褐藻類、螺旋類、そして貝類が竹島 – 独島周辺に生息している。主な漁業魚種はイカ、スケトウダラ、タラ、そしてタコだ。海草類は102種あるが、経済的価値はほとんどない。この地域はアザラシ(アシカ)の最大の生息地であり、この動物狩りで有名で、明治時代末にはアワビも多く捕獲された(1868-1912)。1950年代まで、アシカは独島自衛守護隊によって観測されることもあった。
独島には37人の韓国海洋警察が守っており、海洋水産部の職員と3人の灯台守がこの島に巡回勤務している。過去に、数人の漁師が一時的にこの島に住んでいたが、2005年、独島では初めて結婚式が挙行された。韓国の新婚夫婦は、日本に対する領土抗議の意味で結婚式場をここに選んだ。
左側、韓国沿岸警備隊が独島での勤務を終えて休憩を楽しみながら写真を撮っている。後ろは独島住民の金聖道さんと彼の妻が住んでいる家だ(大きな画像を見るにはクリックしてください)。
韓国と日本は長い間、複雑な文化交流、戦争、そして政治的なライバル関係の歴史を持っている。これらの島々は韓国と日本の第二次世界大戦後の最後の領土紛争地である。日本の外務省は連合軍司令部が独島を日本に譲り渡したと主張しているが、日韓平和条約にはこの問題は言及されておらず、問題はまだ解決されていない。日本の1905年の「無主地先占論」による竹島 – 独島併合と日本の韓国植民地化の明確な不可分性のため、日本の竹島 – 独島に対する主張は韓国人の怒りを引き起こしている。 ( 1905年の韓国の政治的状況と日本の独島編入について)
오른쪽: 韓国市民が日本政府の過去の侵略と植民地政策を隠し、独島に対する主張をすることに対して告発し、抗議している。
独島 – 竹島紛争は今日も続いている。
この記事を書いている今も、日韓間のどの議論よりも竹島 – 独島は熱い議論の対象となっている。日本外務省は「変更できない」という立場を貫いている。日本の島根県が「竹島の日」を2005年に発表したとき、 ( “楽しい竹島の日…?” ) 韓国人は全国的にデモを行い、反応した。ある母親と息子は指を切断するという極端な姿も見せ、ある男性は自傷行為も行った。2006年、5人の韓国人「竹島 – 独島航海士」が紛争の国際的な関心を呼び起こすために世界一周航海を始めた。 また、抗議の意思表示として、韓国人は日本大使館の前でかかしの首を切る演出をした。