竹島問題 ~ 竹島の歴史

竹島問題の概要。韓国と日本の間の独島 – 竹島領土問題。竹島地図と歴史的記録を通して独島-竹島の歴史。

竹島問題は何世紀にも遡る。竹島領土問題の歴史は17世紀初頭に始まる。日本は竹島の日を祝っているが、竹島における日本の活動の真実は論争されている。竹島の概要から始めよう。 竹島 – 独島は、韓国本土から215km、日本本土から250kmの距離にある島である。最も近い陸地は、約87km離れた韓国の鬱陵島である。小島は、天気の良い日には、韓国の鬱陵島から見える。最も近い日本の領土である隠岐の島は157km離れている。 独島は、日本の隱岐(おき)諸島からは決して見えない。(竹島 – 独島 – 視認性と領土認識に関する研究) 小島の総面積は約187,450平方メートルで、その最高点は西の小島の169メートルである。西小島の面積は約88,640平方メートル、東小島の面積は約73,300平方メートルである。 竹島 – 独島は、主に150メートル離れた2つの小島(韓国語では西島と東島、日本語では西島と東島)から構成されています。) 西島は2つの島のうち大きな島です。新生代に形成された火山岩である小島と岩礁が合計90個ほどある。独島は、東経約131.52. 東経約131.52度、北緯約37.14度。北緯 西の小島は北緯37.14.31度、東の小島は北緯37.14.27度、東経131.52.10度で、西の小島は1つのピークからなり、海岸線に沿って多くの洞窟があるのが特徴です。 東の小島の断崖は高さ10~20mほど。海へ通じる洞窟が2つあり、クレーターもある。このうち37の小島が恒久的な土地として認められている。2006年、地質学者によると、この小島は450万年前に形成され、急速に浸食が進んでいるとのことです。左の地図は、独島と2つの主要な島を囲むすべての岩を示しています。東の島にあるセメント係留場所に注目してください。東の島の道は韓国警察が島をパトロールして観察バラックにアクセスするために使う。(写真をクリックすると拡大表示されます) (独島 竹島 イメージギャラリー) 韓国の鬱陵島から見た独島の写真 上の写真は韓国の鬱陵島から見た独島である。これらの写真は日本の歴史家が言う韓国領土から独島を見ることができないという主張を反証する。多くの記録は鬱陵島から独島が見えると記述しており、これは6世紀以降、独島が明らかな韓国の土地であることを示している。 韓国の主張から見た記録では、韓国領土は6世紀の統一新羅時代、そして1900年の大韓帝国勅令41号によって正式にこれらの島々が今日の鬱陵郡に編入されたことを示している。 (韓国の1900年独島関連勅令41号.) 日本側の17世紀記録の主張( 日本の初期独島記録 2), そして「無主先占論」による1905年の日本による占領。 (日本の1905年の不法的な独島編入) 今日、韓国はこれらの島々を慶尚北道鬱陵郡の一部と見ているのに対し、日本は島根県、隠岐郡、隠岐島の一部と見ている。 鬱陵島では正規フェリーが運航されている。 2003年と2004年の観光客は1507人、そして1597人と記録されている。 自然的な条件のため、竹島 – 独島周辺を見回る観光ではなく上陸する場合には、特別な許可を得なければならない。 2005 年には、41、000 人がこの島に旅行したが、2007 年には 10万 人を超えた。 その年の一日の独島観光訪問客は1800を超え、その数が劇的に増加した。 右側の写真には休暇を楽しみに来た韓国人観光客が独島の東島にいて、後ろには監視哨所と灯台が背景と見える。 鬱陵島と独島行政当局によると、昨年は132,558人の訪問客が独島を訪問したという。 これには島に上陸したり、見回した人がすべて含まれていた。 訪問者数は前年度の128,000人より4,000人増加した。 5月には晴天で25,626人の最も多くの訪問客を記録しているが、次は8月が23,212を記録している。 約106,000人が実際に独島に足を踏み入れており、他の人々は気候が良くないため、ただ島周辺を回って見物する。 旅客船以外に、2,714人の人々がヘリコプターまたは海軍船舶または行政船で訪問する 900人以上の韓国人市民がこの島に居住していることが示されており、一方、日本人は2,000人が登録している。実際に永住しているのはわずか2人である。韓国政府は居住を主張するために彼らに補助金を支払っている。韓国の通信サービス会社(SKテレコム、KTF、そしてLGテレコム)は韓国の無線電話網を設置するために竹島[…]

Read more

竹島の歴史記事 -2

韓国の竹島[独島]と係わるうちの記事集める. 竹島問題の歴史的背景。このページは、独島-竹島の歴史についてのより詳細な情報を持つパート2です。独島問題についての政治的な言及のページとページがあります。以下は、記事の内容の簡単な説明を見るためにクリックするリンクです。 日本の竹島 X-ファイルシリーズ この日露戦争記録原本は日本政府が皆さんに見せてあげたくないことを見せてくれている. それらは疑うところなしに日本の独島編入が軍事的侵略だったのを見せてくれる. 帝国海軍地図と航海日誌原本をここに見せてくれる. 日本読者たちは驚くでしょう. 日本帝国海軍艦隊新高丸の航海日誌 1904年 9月, 日本の帝国海軍記録には韓国は日本が独島を編入する前に独島に対して分かっていたと言った. 竹島という名前と呼ばれると言った. また彼らはロシア軍艦が島周辺に現われることでその島を編入させるように圧力受けたことを記録している 日本の帝国軍艦對馬丸の航海日誌 日露戦争の間, 1904年 11月, 日本帝国海軍軍艦對馬丸は竹島に警戒所と電信中継所を建てるために測量しなさいという命令を受けた. 1905年 1月軍部では独島を活用することに決めて一週間後その島は島根県に編入された.最後の地図には日本の海軍通信線が韓国の東北海岸から鬱陵島-独島まで完成されて最後には日本の松江へ繋がれる. 日本の軍艦「橋立」の航海日誌。 対馬沖海戦でロシア海軍を破った直後、日本海軍は独島に軍事施設の建設を開始した。 独島・竹島と第一次日露戦争 独島問題を研究した人々は、日本が独島を併合した理由は、軍事監視塔と電信基地を設置するためだったということを知っている。このページでは、この戦争中の鬱陵島と独島地域の状況について詳しく説明します。 独島と第二次日露戦争 戦争中のオリジナル地図は、日本帝国海軍にとって独島が戦略的に重要であることを説明しています。これは、日本政府があなたに見せたくない記録なのです! 日本軍による韓国領土・独島編入 – 前編 このページは1904年日露戦争の時、韓国領土で日本の軍事活動を詳しく説明する。最初のページはほとんど独島の姉妹島鬱陵島に焦点を合わせる。ここでオリジナル日本戦争地図は韓国と鬱陵島全域の日本軍基地の位置を現わす。 韓国と独島における日本軍の活動 – 竹島 後編 次の記事は、韓国の沿岸地域と離島にある日本の軍事基地を詳しく説明しています。独島の電信線と監視塔の日本海軍地図も含まれています。 韓国と独島における日本軍の活動 ページ 3は韓国、中国そして島根県全域で日本軍監視塔の位置を見せてくれる。最後の地図は日本の海軍電信線が韓国の東北海岸から鬱陵島、独島、そして最終的に日本の松江まで完成したことを見せてくれる。 日本の膨脹主義と独島-竹島 このページは歴史的地図と記録で日本がどんなに明治時代に多くの方向に帝国を確張したのかを見せてくれる. 地図と記録原本は鬱陵島とも関連がある. 日本の不法的な独島-竹島編入 日本の 1905年膨脹主義政策に対して綿密に検討して見よう. 日本の政府が 1905年日露戦争間にどの位秘密裡に独島を編入したのかを読んで見よう. 日本市民たちはこのページを読まなければならない. 日本のアジア膨脹と独島=竹島 日本人研究者[…]

Read more
安竜福は韓国の鬱陵島に航海し、日本侵入者たちに立ち向かった。

安龍福と独島 – 竹島 1

次のページは朝鮮の鬱陵島と竹島に不法航海した日本人に対して対抗した朝鮮である安龍福に対する詳細な二つのシリーズの中一つだ。今日まで、史家たちはこれら論争で正確に何の事が起こったのか論難をしている。韓国と日本記録を皆読んで見れば、私たちは日本はその島と係わる地域の地理と歴史的関係を検討した後、鬱陵島と竹島を皆朝鮮..

Read more
20世紀初鬱陵島の東海岸

日本の韓国鬱陵島侵略と竹島問題 2

竹島紛争の歴史: 1880年この地域に対する日本の侵略は鬱陵島と独島全体にかけたのだった。しかし、それぞれの島はそれぞれ他の方式で侵害を受けたがそれはその島々が元々他の価値を持ったからだ。鬱陵島の資産は自然資源の形態だったし、一方に独島の価値は軍事的戦略位置があった。この文書はどんなに日本人たちが不法的に鬱陵島…

Read more
19世紀初鬱陵島の東洞港

竹島問題の歴史 日本の鬱陵島侵略 1

竹島問題の歴史: 開港時代は韓国の領土を露出させたし朝鮮の自然資源価値を見せてくれたということはよく知られている。鬱陵島は釜山-Vladivostok の間の船舶航路であり、日本旅人たちはこの島を見た。日本外務省に提出された数多い鬱陵島開発提案はこのような認識の結果だ。これら提案中ては武藤平學の竹島(鬱陵島)…

Read more

日本のアジア膨脹主義と独島 – 竹島

1905年1月末、日本内閣は竹島 – 独島を日本領土に編入することを決定した。韓国政府は1906年3月にこれを知った。4ヶ月前の1905年11月、日本は韓国を保護下に置き、以前の反対を阻止した。1951年9月、日本がサンフランシスコ平和条約でアメリカと連合軍と主権を回復した時、日本もまた竹島領有権を主張した。

Read more

1870年-1905年日本の韓国介入と独島

これが日本による竹島併合の歴史的背景である。明治初期1870年から1905年日本と韓国の政治的関係 日本外務省の政策で独島 -竹島紛争に対する彼らの主張は韓国で独島編入以前の過程を意図的に抜け落ちさせている。 この暗い時代に関する英語になった詳しい内容はその間の内容を本で見られる。

Read more

日本軍の韓国領土占領と竹島 – 独島

1904年2月23日、日本帝国軍隊と海軍は韓国に戦略的要衝地を占領し始める。 次のページは日本が 1904-1905年日露戦争を前後して韓国領土を占領する詳しい内容を説明する。この情報の源泉は日本アジア歴史デジタル記録館だ(JACAR)。これら文書と地図を通じて読者たちは日本が “どうに”、“なぜ” 独島を編入さ..

Read more
竹島問題は20世紀に始まったのか?

竹島問題 – 20世紀初頭の日本と韓国の竹島での活動。

20世紀初頭の竹島問題。1900年代初日本記録では独島が韓国の江原道一部に表示された。次のイメージたちは韓国の鬱陵島と隣り島であるリアングクル(独島)と係わったさまざまな文書たちだ。この目的は日本人たちが鬱陵島に “居住”したし独島にも漁業をしたという日本人たちの領土認識を決めようとするのだ。1900年代初日本人…

Read more

鬱陵島に関する1836年日本側の記録

日本の 1836년年外国航行政策 – 幕府の鬱陵島渡海禁止 次のページは日本である商業である会津屋八衙門が関与した鬱陵島渡海て関した歴史的な事件文書を説明している。彼は濱田の領地イワミ(石見。今日、島根県の濱田)で海上貨物運送業をした人だ。 右側は会津屋八衙門の像だ。彼は朝鮮の鬱陵島で航海をした。

Read more
KoreaUSA