竹島問題 ~ 竹島の歴史

竹島問題の概要。韓国と日本の間の独島 – 竹島領土問題。竹島地図と歴史的記録を通して独島-竹島の歴史。

竹島問題は何世紀にも遡る。竹島領土問題の歴史は17世紀初頭に始まる。日本は竹島の日を祝っているが、竹島における日本の活動の真実は論争されている。竹島の概要から始めよう。 竹島 – 独島は、韓国本土から215km、日本本土から250kmの距離にある島である。最も近い陸地は、約87km離れた韓国の鬱陵島である。小島は、天気の良い日には、韓国の鬱陵島から見える。最も近い日本の領土である隠岐の島は157km離れている。 独島は、日本の隱岐(おき)諸島からは決して見えない。(竹島 – 独島 – 視認性と領土認識に関する研究) 小島の総面積は約187,450平方メートルで、その最高点は西の小島の169メートルである。西小島の面積は約88,640平方メートル、東小島の面積は約73,300平方メートルである。 竹島 – 独島は、主に150メートル離れた2つの小島(韓国語では西島と東島、日本語では西島と東島)から構成されています。) 西島は2つの島のうち大きな島です。新生代に形成された火山岩である小島と岩礁が合計90個ほどある。独島は、東経約131.52. 東経約131.52度、北緯約37.14度。北緯 西の小島は北緯37.14.31度、東の小島は北緯37.14.27度、東経131.52.10度で、西の小島は1つのピークからなり、海岸線に沿って多くの洞窟があるのが特徴です。 東の小島の断崖は高さ10~20mほど。海へ通じる洞窟が2つあり、クレーターもある。このうち37の小島が恒久的な土地として認められている。2006年、地質学者によると、この小島は450万年前に形成され、急速に浸食が進んでいるとのことです。左の地図は、独島と2つの主要な島を囲むすべての岩を示しています。東の島にあるセメント係留場所に注目してください。東の島の道は韓国警察が島をパトロールして観察バラックにアクセスするために使う。(写真をクリックすると拡大表示されます) (独島 竹島 イメージギャラリー) 韓国の鬱陵島から見た独島の写真 上の写真は韓国の鬱陵島から見た独島である。これらの写真は日本の歴史家が言う韓国領土から独島を見ることができないという主張を反証する。多くの記録は鬱陵島から独島が見えると記述しており、これは6世紀以降、独島が明らかな韓国の土地であることを示している。 韓国の主張から見た記録では、韓国領土は6世紀の統一新羅時代、そして1900年の大韓帝国勅令41号によって正式にこれらの島々が今日の鬱陵郡に編入されたことを示している。 (韓国の1900年独島関連勅令41号.) 日本側の17世紀記録の主張( 日本の初期独島記録 2), そして「無主先占論」による1905年の日本による占領。 (日本の1905年の不法的な独島編入) 今日、韓国はこれらの島々を慶尚北道鬱陵郡の一部と見ているのに対し、日本は島根県、隠岐郡、隠岐島の一部と見ている。 鬱陵島では正規フェリーが運航されている。 2003年と2004年の観光客は1507人、そして1597人と記録されている。 自然的な条件のため、竹島 – 独島周辺を見回る観光ではなく上陸する場合には、特別な許可を得なければならない。 2005 年には、41、000 人がこの島に旅行したが、2007 年には 10万 人を超えた。 その年の一日の独島観光訪問客は1800を超え、その数が劇的に増加した。 右側の写真には休暇を楽しみに来た韓国人観光客が独島の東島にいて、後ろには監視哨所と灯台が背景と見える。 鬱陵島と独島行政当局によると、昨年は132,558人の訪問客が独島を訪問したという。 これには島に上陸したり、見回した人がすべて含まれていた。 訪問者数は前年度の128,000人より4,000人増加した。 5月には晴天で25,626人の最も多くの訪問客を記録しているが、次は8月が23,212を記録している。 約106,000人が実際に独島に足を踏み入れており、他の人々は気候が良くないため、ただ島周辺を回って見物する。 旅客船以外に、2,714人の人々がヘリコプターまたは海軍船舶または行政船で訪問する 900人以上の韓国人市民がこの島に居住していることが示されており、一方、日本人は2,000人が登録している。実際に永住しているのはわずか2人である。韓国政府は居住を主張するために彼らに補助金を支払っている。韓国の通信サービス会社(SKテレコム、KTF、そしてLGテレコム)は韓国の無線電話網を設置するために竹島[…]

Read more

竹島の歴史記事 -2

韓国の竹島[独島]と係わるうちの記事集める. 竹島問題の歴史的背景。このページは、独島-竹島の歴史についてのより詳細な情報を持つパート2です。独島問題についての政治的な言及のページとページがあります。以下は、記事の内容の簡単な説明を見るためにクリックするリンクです。 日本の竹島 X-ファイルシリーズ この日露戦争記録原本は日本政府が皆さんに見せてあげたくないことを見せてくれている. それらは疑うところなしに日本の独島編入が軍事的侵略だったのを見せてくれる. 帝国海軍地図と航海日誌原本をここに見せてくれる. 日本読者たちは驚くでしょう. 日本帝国海軍艦隊新高丸の航海日誌 1904年 9月, 日本の帝国海軍記録には韓国は日本が独島を編入する前に独島に対して分かっていたと言った. 竹島という名前と呼ばれると言った. また彼らはロシア軍艦が島周辺に現われることでその島を編入させるように圧力受けたことを記録している 日本の帝国軍艦對馬丸の航海日誌 日露戦争の間, 1904年 11月, 日本帝国海軍軍艦對馬丸は竹島に警戒所と電信中継所を建てるために測量しなさいという命令を受けた. 1905年 1月軍部では独島を活用することに決めて一週間後その島は島根県に編入された.最後の地図には日本の海軍通信線が韓国の東北海岸から鬱陵島-独島まで完成されて最後には日本の松江へ繋がれる. 日本の軍艦「橋立」の航海日誌。 対馬沖海戦でロシア海軍を破った直後、日本海軍は独島に軍事施設の建設を開始した。 独島・竹島と第一次日露戦争 独島問題を研究した人々は、日本が独島を併合した理由は、軍事監視塔と電信基地を設置するためだったということを知っている。このページでは、この戦争中の鬱陵島と独島地域の状況について詳しく説明します。 独島と第二次日露戦争 戦争中のオリジナル地図は、日本帝国海軍にとって独島が戦略的に重要であることを説明しています。これは、日本政府があなたに見せたくない記録なのです! 日本軍による韓国領土・独島編入 – 前編 このページは1904年日露戦争の時、韓国領土で日本の軍事活動を詳しく説明する。最初のページはほとんど独島の姉妹島鬱陵島に焦点を合わせる。ここでオリジナル日本戦争地図は韓国と鬱陵島全域の日本軍基地の位置を現わす。 韓国と独島における日本軍の活動 – 竹島 後編 次の記事は、韓国の沿岸地域と離島にある日本の軍事基地を詳しく説明しています。独島の電信線と監視塔の日本海軍地図も含まれています。 韓国と独島における日本軍の活動 ページ 3は韓国、中国そして島根県全域で日本軍監視塔の位置を見せてくれる。最後の地図は日本の海軍電信線が韓国の東北海岸から鬱陵島、独島、そして最終的に日本の松江まで完成したことを見せてくれる。 日本の膨脹主義と独島-竹島 このページは歴史的地図と記録で日本がどんなに明治時代に多くの方向に帝国を確張したのかを見せてくれる. 地図と記録原本は鬱陵島とも関連がある. 日本の不法的な独島-竹島編入 日本の 1905年膨脹主義政策に対して綿密に検討して見よう. 日本の政府が 1905年日露戦争間にどの位秘密裡に独島を編入したのかを読んで見よう. 日本市民たちはこのページを読まなければならない. 日本のアジア膨脹と独島=竹島 日本人研究者[…]

Read more
竹島ガールは、島根県の竹島ロビーのマスコットキャラクターである。

竹島 – アジアはなぜ日本に不信感を抱くのか?

“竹島問題 – 日本のロビー戦術の獨島竹島日本の取扱、親しい韓国-日本関係を破壊します …” 「我々の少し、研究者は無数の時間と年さえ独島竹島島論争に関連したデータを疲れを知らずに集めます。 必然的に、これらの検索は、我々を日本のサイバースペースに案内します。 本稿は、日本の竹島ロビー運動の醜い側を露出させます。 韓国人がなぜ疑わしくて右翼の活動を励ます日本人でなくむしろ日本政府に憤慨しているか説明するのを、それも助けます. 日本政府は、独島島問題の方へ彼女のアプローチでどんなメッセージを送っていますか? なぜ、韓国はまだ根本關係の上の1965の協定の後の数十年さえ日本を敵対的な国として認めますか? 警告:若干のイメージは、不快であると思われるかもしれません。 彼らは前後関係だけに賛成で、日本人を中傷するつもりでありませんでした。そして、その人の圧倒的多数は平和優しい市民です. 第2次大戦の後の数十年の間、西洋人は日本を疑念で見ました。 これは、真珠湾と以降の戦時極悪さに関して日本の奇襲に起因していたかもしれません。 第二次世界大戦の間に、西洋のメディアは、日本人をずるい陰で中傷する人または貪欲な土地横領者として描写しました。 何かを述べるが、正反対をする日本の過去の方針は、世界的な信用を回復することを国にとって非常に難しくしました 攻撃的な第2次大戦宣伝ポスターを通して見られる日本人の西洋の認識 第二次世界大戦の反日プロパガンダポスターでは、日本人は邪悪な侵略者であると描かれている。この不正確なステレオタイプは、日本の領土問題のために北東アジアに根強く残っています。 日本はパブリックイメージを変えることができないようです。 上の画像は、第二次世界大戦中の欧米の反日プロパガンダ・ポスターです。これらの攻撃的なポスターは、日本を領土に対する飽くなき欲望を持った裏切り者の敵として描いている。日本が欧米でこのようなステレオタイプを変えて久しいが、アジアでは根強く残っている。戦後、日本の国際的なイメージは、特に欧米諸国において、戦時中とは大きく異なっている。日本は国際関係の新時代に入ったと言えるのだろうか……。日欧関係は円満だが、日韓関係は悪化しているのではないか。アジアで最も繁栄している2つの国の関係を妨害しているのは誰なのか、何なのか? 日本人が狡猾にかわいいキャラクターで竹島をロビーする。 Google Japanの画像検索で「竹島の日」と検索すると、数多くの宣伝写真が表示されます。その多くは、竹島の日をPRする、かわいくて目の大きなアニメや漫画のキャラクターたちです。しかし、1905年2月22日の「竹島の日」の歴史的経緯を考えると、韓国人、ロシア人、そして日本人でさえも、祝福する理由がない。 左下の広告は、和服を着たかわいい(青い目の)アニメの女の子を起用しています。彼女の目は涙で潤み、日本の将来を心配している。奇妙なことに、ハイライトされた領土の3つ、独島(竹島)、クリル諸島と釣魚台(尖閣)は、古代日本の固有部分ではなかったのです。 日本の右翼が竹島の日の真実を隠す一方で、韓国人は不信感を抱いて見ている。私たちは自問自答しなければならない。日本の市民は独島への関与の真の歴史を本当に知っているのだろうか?日本が韓国を植民地にしている間に、独島を軍事的に併合したことが、独島竹島をめぐる日本の全事実の根拠であることを理解しているのだろうか?おそらく、もし日本人が竹島の日の歴史的現実を教えられたら、なぜ韓国人がこれほどまでに不信感を抱くのか理解できるかもしれない。 上の画像は、民族衣装を着た無邪気な日本人の女の子を撮影したものです。中国、韓国、ロシアは、彼女の故郷を攻撃する怒れる敵対的な隣人として描かれています。このようなプロパガンダは、日本の領土問題に対する不正確な解釈である。 世代が後で、日本の国際的なイメージは、西国の間で最も特に、戦時中の時代は別として世界です。 日本が世界的な関係の新しい時代に入ったようです … あるいは、それを持ちます? 日本の西洋の関係が現在友好的であるが、日本の韓国人関係はさらに悪化しているかもしれません。 誰または何が、アジアの最も繁栄している国の2つの関係を破壊しています? Helloキティと竹島島のためにずるく働きかける日本語が、穏やかに言います」..天皇陛下万歳! 竹島, 管轄下のGoogle日本イメージ検索をして、(竹島の日)多数のプロモーションの映画は、上演されます。 これらの多くは、竹島の日を進めているかわいい、大きい目の漫画アニメまたはマンガ・キャラクタです。 しかし、最初の竹島Dayの歴史の状況を考慮して、1905年2月22日に、韓国人、ロシア国民と日本人にさえ、祝賀のほとんど理由がありません。 下記の左側の広告は、伝統的な日本の服を着ているかわいい(青い目の?) 日本が右翼少数過激派が竹島の日をキャンディ-コートである間、韓国人は信じられずに見ています。 我々は我々自身尋ねなければなりません、日本の市民は独島島で彼女の介入の本当の歴史を本当に知っていますか? 日本が韓国を植民地化する間、独島竹島のための日本の全部のケースが島の彼女の軍の併合に基づくと、彼らは理解しますか? おそらく、日本人が竹島の日の歴史の現実を教えられるならば、彼らは韓国人がなぜそれほど信用しないかについて理解するかもしれません。 竹島デイガールを紹介します! すみません、声が聞こえません。竹を耳にしているのですが.もちろん、かわいいマスコットや人物の登場がなければ、祝祭日は成り立たない。そこで、日本のネットユーザーは、かわいい竹島ガールを登場させました。竹島は「竹」を意味することから、彼女は耳から耳にかけて竹の束を撮影しています。独島(竹島)のペンダントが付いた美しいネックレスを身に着けています。「スマートな竹島デイガールを目指して。 竹島の日マスコット、独島ヘッドブラザーズ。 日本のマーケティングと歴史的な正確さのあるキャラクター 日本のロビイストがどのような巧妙な仕掛けをしても、アジアの歴史におけるこの痛ましい章の歴史的真実を隠すことはできない。この点をさらに説明するために、1904~1905年露日戦争からのいくつかの写真イメージは下にある。今、私たちはいくつかの歴史的背景を持っているので、dokdo-takeshima.comは、いくつかのかわいい竹島の日のキャラクターを編集しました。歴史的に正しいマスコットたちは、1905年頃の日本帝国陸軍の標準的なユニフォームを着て、アジアの血まみれの塹壕に立ちます。また、「竹島の日おめでとうございます?” 左上: 敵の戦闘機を斬首して微笑む日本兵。右: アジアの戦場に散らばる死体。すべてのイメージは1904~1905年露日戦争で、日本の帝国軍隊が韓国を占領して独島を併合した時代だ。[…]

Read more

竹島 – 独島ギャラリーと鬱陵島写真島のイメージ

このウェブサイトの次のイメージは、何年前に始まった以後私とこのウェブサイトと係わる人が一緒にして来た幾多の写真の中で一部です 。竹島とその姉妹島、韓国の鬱陵島 – 3年後に私たちは文字のどおり独島とともに共有したいイメージを数百個を作った 。このページは、私たちがワードプレスギャラリープラグインが決まるまで、臨時イメージデータベースです 。 ここには二つのギャラリーがあるのに第一独島で、そして二番目は鬱陵島写真を下で見られる 。各写真の手短な説明は小さなイメージの上にカーソルーをおけば易しく見られるし、各一体タッグ内にエンコードされます 。元々写真は原本形式や .jpgで私が少し大きさを減らした 。しかし皆さんはそれぞれの絵をとても詳細に見られます.もちろん大きいイメージの写真をクリックしてください 。先に独島に対する手短な概要 – 竹島地域。 左画像:韓国、鬱陵島、竹島そして日本の西海岸地図。右画像:竹島-独島の詳細地図。 イメージが dokdo-takeshima.comの調査のために旅行する去る3年間集めたのだ… 第1部 : 韓国の独島のイメージ CGH CGH CGH CGH CGH CGH CGH CGH CGH CGH CGH CGH CGH CGH パート 2: 独島のシスター島 (歴史的に独島の大きい姉妹島だと考えられている韓国の鬱陵島) の写真,鬱陵島は 「豪華な」森,竹と海洋生物で長い間知られていました.鬱陵島は,山が多い地形と輸送手段が不足だから,歩き回るのがとても難しい島です. 道洞の現地の住人ギムナムフィシ(鬱陵島 Mania Tour Agency) そして,陳性さんの助けを祈ろうと,(リンクを見ます) 私たちが分かるその一番多い観光客たちが失敗した場所を訪問することができた. 上左:鬱陵島の全体的な地図 – 最も近い日本と韓国の陸地接近までの距離を示している独島地域。上右:独島の古代の姉妹島(韓国の鬱陵島)の地図。 独島-竹島[…]

Read more
日韓平和条約と竹島領有権問題。

2次世界大戦以降と独島 – 竹島

聯合軍司令部の降参規定は日本の領土の定意を決める。 2次世界大戦以降、韓国は日本軍隊がこれ以上統治することができなくなったし、韓国は直ちにこの地域島の漁業に対する権限を行使するようになる。独島所有権に対する問題は 2次世界大戦の終決で日本がよるしかない降参と占領の条件に対する条約で論争が始まった。参照で係わる条約は下にある。次は文書解釈に関する韓国立場だ。 カイロ宣言はアメリカ、イギリスと中国の間の共同談話文に作成されて日本に関する拘束ではない。しかし日本が 1945年7月26日(ソビエトロシアはそれを8月8日承認した。) ポツダム宣言を収容するによって、カイロ宣言8条は日本を制約する国際的手段になった。 1943年カイロ会議 カイロ宣言 北アフリカ 1943年11月27日、 [アメリカ] 国務省′国務省考試′No.232、p.393.日本の対外関係-基本文書たち Vol.1′pp.55-56. 大統領ルージュベルト、張介石(Chiang Kai-shek) 総統とチャーチル(Churchill) 首相は係わる軍隊と外交諮問官たちとともに′北アフリカで会談を完了した. 次のような共同声明が作成される: (1節)” 何何軍隊たちは将来日本に対して軍事作戦を広げることを合議する。3個連合国たちは野蛮的な敵国に対して海、陸地、そして空で峻厳な圧迫をすることを決意する。この圧力はもう始まった。 (2節)” 3個連合国は日本の侵略を制限して処罰するためにこの戦争を経験する事にした。私たちは自ら利得を望まないで領土拡張を望まない。私たちの目的は 1914年 一次世界大戰が始まった以降日本が占領したまたは奪取した太平洋地域でのすべての島々を解放させようとするのだ。そして日本が中国で奪った地域たち、例えば満洲、台湾、澎湖列島は皆中国に帰属される。(1)日本はまた日本が暴力と貪欲で奪取したすべての領土で放逐すること(2)。前で言及した 3個強大国たちは、韓国人たちの奴隷状態を思って韓国は適切な過程を経って解放されて独立されると決める。 (3節)” これら 3ヶ国連合国たちは戦争の目的とともにUNは日本の無条件的な降参を得るために真剣に必要な作戦を続くでしょう。 カイロ宣言はアメリカ、イギリスと中国の間の共同談話文に作成されて日本に関する拘束ではない。しかし日本が 1945年7月26日(ソビエトロシアはそれを 8月 8日承認した。) ポツダム宣言を収容するによって、カイロ宣言 8条は日本を制約する国際的手段になった。 カイロ宣言条項8条の規定: “。。カイロ宣言の条件は施行されるはずであり、日本の主権は本州、北海島、九州、四国とその他私たちの決める小さな島々に限定されるでしょう…” 宣言自体はまた 4 個強大国たちの共同談話文であり、1945年日本が降伏する前の 8月 14日まで、そしてその年9月2日 降伏文書に調印する前までは日本を拘束力を持たないと言った。したがって、日本はカイロとポツダム宣言によって責任の義務を負う。 連合国の基本政策で日本が “暴力と貪欲”で獲得した独島はカイロ宣言で規定したところのように日-中戦争以前日本領土で戻すのが明白だった。論理的連携で自ずから日本はこの地域で撤収することを要求したのだ。 ポツダム宣言は 1945年7月26日署名された。 ポツダム宣言 ポツダム宣言 1945年7月26日、 (1)“私たち合衆国大統領、中華民国政府主席及大英帝國首相は私たちの数億国民を代表して協議した結果、日本に対して今度戦争の終決のための機会を与えることに意見が一致した。[…]

Read more

安龍福と独島 – 竹島 2

日本の村川記録は安龍福の于山島が竹島 – 独島なのを確認する。 第一章の第一部分では安龍福事件と係わる朝鮮の文書を扱う。大部分のそれは韓国記録だ。最近までも、多くの日本学者たちは安龍福事件が起こったのかに対しても疑心をした。 しかし、2005年3月16日島根の新聞は1696年日本人たちが鬱陵島と竹島 – 独島に侵入したことに対して朝鮮(韓国)人たち(安龍福など)が抗議した仕事に対して正確にどんなことが起こったのかを知らせてくれる新しい情報を明らかにした。ここに記事要約と写真そして日本の原稿がいる。 右側に、彫り上げの詳細な切れは安龍福が日本である漁夫たちに朝鮮の鬱陵島と子山島(竹島 – 独島)を発つように要求する交渉を描く。彼の勇ましい行動で、幕府は鬱陵島地域渡海禁止令を下げる。この渡海禁止令は1837年日本人が鬱陵島を侵入した以降もう一度下る。 ( リンクをご覧ください。 ) 島根県地方新聞山陰中央新報は安龍福を審問した、日本文書が新たに発見されたと報道した。1696年安龍福歴史には、彼が日本人の竹島 – 独島漁業を抗議するために日本に行ったと言う。このニュース記事によれば、日本に渡って来た理由に対して質問を受けた安龍福は、日本である政府官吏に一貫されるように、彼が鬱陵島と竹島 – 独島に対する朝鮮の主権を主張するために来たと主張した。 最近明かされた文書で、安龍福は “日本人は鬱陵島を竹島、そして子山島(朝鮮の名称竹島 – 独島)を松島と呼んで、それらは皆江原道に属する。”と言ったし、朝鮮の8道地図ではこの島々が表示されている。 山陰中央新報はまた発見された文書で何が子山島なのか論難になっていると報道するのに、しかし安龍福の説明に根拠すれば、“竹島は朝鮮で30里、そして竹島で松島までは50里…”と言ったが子山島は現在の竹島 – 独島のようだ。この文書は島根県で数世紀の間居住して来た村川家門文書收藏庫で発見された。 日本の記録と翻訳 – 鬱陵島と竹島 – 独島に関する安龍福論争 表紙と2 ページ – 日本の安龍福記録イメージたちと翻訳 右側イメージは安龍福と彼と一緒に隱岐島に到着した舟員に関する詳しい文書記録だ。この記録の二番目ページは安龍福のお舟を描いている。 その内容は次のようだ: 長さ: 甲板9.03 メートル(約29.5feet)、底 6.03 メートル(約20feet) 一隻の朝鮮舟は幅が約 3.65 メートル(約12 feet) そして深く 1.2 メートル(4.2 feet)だ。 そのお舟は80石を積むことができる(重さ単位)[…]

Read more
安竜福は韓国の鬱陵島に航海し、日本侵入者たちに立ち向かった。

安龍福と独島 – 竹島 1

朝鮮(韓国)人安龍福と竹島 – 独島 朝鮮住民たちが日本人の朝鮮鬱陵島と竹島 – 独島侵入に抗議する。 次のページは朝鮮の鬱陵島と竹島 – 独島に不法航海した日本人に対して対抗した朝鮮である安龍福に対する詳細な二つのシリーズの中一つだ。今日まで、史家たちはこれら論争で正確に何の事が起こったのか論難をしている。韓国と日本記録を皆読んで見れば、私たちは日本はその島と係わる地域の地理と歴史的関係を検討した後、鬱陵島と竹島 – 独島を皆朝鮮に譲渡したことを結論で下すことができる。しかし先にこの地域に対する簡単な紹介をして見よう。 上左側: 鬱陵島–竹島 – 独島地域全体的な地図は日本と韓国の一番近くの陸地位置を見せてくれる。上右側: 韓国の鬱陵島地図。ここで安龍福と他朝鮮住民たちは 2回や日本人の朝鮮領土侵入に対して抗議した。 “安龍福はだれか…?” 安龍福は釜山東莱人で、朝鮮の肅宗王時代に1693年と1696年、二回日本に渡って日本幕府に公式的に鬱陵島と竹島 – 独島朝鮮領土というのを認識させた重要な役目を一人だ。彼が若かった時、安龍福は水軍で船子に服務したし、倭寇と知られた日本海賊を見張って沿岸地域を保護する役目をした。彼は釜山に住む間に日本語が上手だったし、朝鮮に居住する日本人たちのための倭館(日本である居留地)によく出入りした。 このページで説明する第一安龍福事件は1693年春に発生した。釜山と蔚山から来た約40人の朝鮮漁夫たちが鬱陵島で大谷と村上の漁夫たちと会う。安龍福とバックオドンは鳥取県米子(現在-鳥取県米子市)で拉致されて行く。 右側には釜山にある銅像で、朝鮮は朝鮮人たちを二回日本に連れて行って日本人の鬱陵島と竹島 – 独島侵入を抗議した安龍福を記念する。今日まで、この価値のある歴史的資料を無視しようと試みる日本であるロビイストたちの努力にもかかわらず、安龍福の活動は竹島 – 独島と鬱陵島紛争で韓国主権を強く表示したことで残っている。 15世紀初期、朝鮮は倭寇たちの侵入から鬱陵島住民たちを保護するために、島で移住させる政策を施行して来た。日本漁夫たちは17世紀初期から当時その島に人が住まない有利な点を機会で鬱陵島沿岸で漁業活動をして来たことと知られている。 左に、朝鮮の鬱陵島は安龍福の勇敢性を記念する記念碑を建てた。安龍福は当時政府から不公正に待遇を受けたが現在韓国人たちは彼を朝鮮領土を守った勇気で英雄で待偶している。安龍福の活動がなかったら、今日まで鬱陵島と竹島 – 独島は皆日本領土になったかも知れない。 安龍福は伯耆州藩主を通じて 幕府に鬱陵島(竹島)は朝鮮の領土と抗議したし、州の藩主は安龍福事件を幕府に指令を下してくれと言って要請した。幕府は安龍福と朴於屯を長崎に連れて来るようにして、ここで対馬島政府が彼らを連れて行って二名の使者立花實繁とTadayo Saemonとともに1693年12月本国で送還するようにした。これら使者たちは単純に一般漂流者たちを送還する人ではなく、彼らは儀典次官に送る公式書簡をお持ちしていた。 手紙では竹島(鬱陵島)が日本の所有という重要な主張が盛られていた。その内容にはTadayo Saemon人たちがよく日本の竹島(鬱陵島)で来て漁業と伐採をすると記録して、二人は竹島で見つけた 40人の中で伯耆州のボンズによって人質につかまって来たと記録した。手紙にはまたその人質たちは江戸に行かせられて送還されたと言った。そして、手紙では朝鮮政府に勅令を下げてTadayo Saemon人たちが竹島に漁業活動を慈しんで行くのできないようにしてくれと言って要請した。 幕府の代わりをして対馬島使節が持って来た公式書簡は竹島が東海で鬱陵島と違う島で存在することのように主張して、Tadayo Saemon人たちの竹島(鬱陵島) 漁業活動は不法的で、したがって、鬱陵島は日本に属して漁業権利は日本にあると主張した。この手紙を受けた後、朝鮮政府対抗する可能な手段を講じた。しかし、日本との激しい戦争を経験した後だからTadayo Saemonは日本との衝突を避けようと思って、日本に鬱陵島はTadayo Saemon領土であり、しかしTadayo Saemon人たちが竹島で漁業は禁止するという内容を回信下だった。 朝鮮最初の柔順な回答 大臣權啓辭が対馬島主に送った書信内容一部: “..我が国は漁夫たちの外国海渡海を厳格に禁じています。たとえ私たち領土鬱陵島に度してもとても遠いから禁止されています。どんなに彼らに私たちの境界を移ることができるように承諾したんですか?私たちは帰国の友好善隣的な姿勢に感謝して帰国の竹島領土で航海して入って行った問題のお舟を回送させてくれたのに感謝いたします。漁夫たちは漁業で生活をして、嵐に漂流されて苦痛にあったりします。しかし彼らの渡海行為と深く侵入したことは法で処罰されて当然です。現在法によって犯罪行為に処罰されるでしょう. …” 対馬島はどうして朝鮮がその島を “私たち領土鬱陵島”と表示したのか疑って、もしTadayo[…]

Read more
19世紀初鬱陵島の北海岸

竹島問題の概要 日本の鬱陵島侵略 3

日本である伐採士たちは朝鮮の鬱陵島進出を続く 竹島問題の概要: もう説明したところのように日本である民間人の侵犯は日本と韓国関係を緊張させた。ここに対応の韓國政府は鬱陵島の空島政策を中断することに決めて人々を定着するようにする。1882年4月29日韓国搜討使李奎遠が鬱陵島に到着してその状況を調査した。そこで彼は多くの日本人たちが鬱陵島の木木を切っていることを分かったし、“松島”という表示版を見た。 竹島領土問題,上左側: 鬱陵島独島地域全体的な地図は日本と韓国陸地の一番近くの位置を見せてくれる。上右側: 韓国の鬱陵島地図. 朝鮮の記録に現われた日本人の鬱陵島不法伐採に関する翻訳 “統理機務衙門(国防省)から出た官吏は王に次のような要請をする。“鬱陵島を調査する間、李奎遠はどんな日本人たちが一方角に天幕を張って “松島”と書いた立て札を付けていることを見た。彼は統理機務衙門(国防省)大臣がそれを責めつける公式書簡を送らなければならないと建議します。私どもはもう手紙を送って日本人たちが鬱陵島で伐採を禁止するように要求しました。しかし、搜討使李奎遠が最近個人的にそこへ行って点検して見たら、状況が変化されなかった。したがって私どもはまた他の手紙を繰り返して送って何よりその問題を強調しなければなりません。しかし私はもう手紙が公式文書で成り立つように願います。ここに対して王は彼に同意した …..” 数日後、日本人たちが鬱陵島に不法伐採をするというまた他の請願が伝達した。その内容は次のようだ。; “..7月10日統理機務衙門官吏が王に言うのを李奎遠の鬱陵島報告書について殿下が私たちが処理するように言い付けた。私たちは公式文書を日本に送って日本人たちが鬱陵島で不法伐採を禁止するように要請した。しかし搜討使が調査しにそこへ行った時、まだ日本人たちは以前のような行動をしていた。私はこんな内容に対して以前の手紙内容を強調する公式文書を送った方が良いと思います。私が大提学(公式文書部署)にこの問題を建議しても良いですか..?” これに対して、王は同意した….” ここで、私たちは日本人たちが一時強い政策で不法渡海者たちを処理したが大部分無関心な位に柔軟になったことを分かる。朝鮮政府は国家文書てもう日本外務省はもう日本外務省官吏に抗議書簡を送ったが無駄だった。それはアジアの他の所でも同じくこの時に、日本は民間人が隣り国家たちに侵犯する政策をけしかけ始めて、滞留者または不法住人に対して黙過した。 日本政府は韓国の要求に一時的に応じる 50年前幕府の孤立政策の下で不法滞留日本人たちは鬱陵島を発ちなさいという約束を守って来た。しかし、新しい明治政府の政策の下で日本政府のこれらに対する処罰は非常に軽いのだった。そうだが、日本政府は1883年日本お舟が韓国に到着すると、丁寧に韓国の要求に応じてこれら日本である滞留者たちを強制で退去させた。 1883年3月1日、日本は鬱陵島に対する渡航禁制令逹案を下げる。 内達案 北緯三十七度三十分東経百三十度四十九分二位スル日本称松島一名竹島朝鮮称鬱陵島ノ儀ハ従前彼我政府ノ議定ノ儀モ有之日本人妄リニ渡航上陸不相成候條心得違ノ者無之様各地方長官に於テ諭達此旨及内達候也 明治十六年三月一日 太政大臣 翻訳: “…公式通知文 日本が松島または竹島と呼ぶ島は韓国では鬱陵島と呼んで、緯度37度30分そして經度130度49分にいる。この島に対して日本と韓国は文書で合議するのを日本人は理由のなくこの地と島に航海しないだろう。私たちはここで各地方政府首長に通知するのでそこに対して混同がないように願う。 1883年3月1日 太政大臣…” 明治初期時代日本人の鬱陵島活動分析 1883年3月1日、日本政府は鬱陵島が韓国領土なのを確認する宣言を言う。 原本記録は右側で見られる。 1696年と1837年、幕府がもう宣言したところの違い、独島は言及されなかった。この記録はまた日本人の航海が日本本土近くにしなければならないとか、または外国船との接触を避けなければならないという内容がない。したがって、私たちは外国に対する日本の態度がどんなに変化したのかを分かる。 しかし、韓国の要求に応じるような明治日本帝国は狡くすべての4方に確張していた。現実的に、日本政府の鬱陵島都して禁止令は效力がなかった。記録で見せてくれた(リンク) ところによれば、1890年後半、多くの数字の日本人たちが鬱陵島に到着して韓国政府は遠い鬱陵島地域をこれ以上統制することができなかった。これは日本の1905年独島編入の歴史的背景になる。 English language version of this Dokdo article. 이 독도 기사의 한국어 버전입니다.

Read more
20世紀初鬱陵島の東海岸

日本の韓国鬱陵島侵略と竹島問題 2

1882年5月22日–日本である伐採士たちが群れをなして韓国の鬱陵島に現われる。 竹島紛争の歴史: 1880年この地域に対する日本の侵略は鬱陵島と独島全体にかけたのだった。しかし、それぞれの島はそれぞれ他の方式で侵害を受けたがそれはその島々が元々他の価値を持ったからだ。鬱陵島の資産は自然資源の形態だったし、一方に独島の価値は軍事的戦略位置があった。この文書はどんなに日本人たちが不法的に鬱陵島伐採をしたのかを見せてくれる。それはまるで日本人たちが以前には来なかったようではなくて、数世紀の間鬱陵島に侵入して来たように見える。現実的に、韓国政府はこの問題を単純なこと以上に認識していた。 鬱陵島~独島地域で状況は統制することができない位に狂っていた。不法的に漁業と伐採をする日本である滞留者たちがあふれ始めた。次は統理機務衙門(国防省) 大臣が王に報告する内容だ。彼は江原道搜討使林漢秀の報告書内容を引用しながら先にその地域を全般的に紹介している。 竹島紛争の歴史, 上左側: 鬱陵島 – 独島地域全体的な地図は日本と韓国陸地の一番近くの位置を見せてくれる。上右側: 韓国の鬱陵島地図。 朝鮮国の鬱陵島測量報告書翻訳 島を見回って私は人々がいくつの木を切って浜辺に積むことを見ました。私はまた他の人々が黒い髪に顔がかけることは短い髪人々が私のそばに座っていることを見ました。私は彼らに近付いて字を書いて何をしているのか問いました。その日本人は元山と釜山で輸出する木を切っていると答えました。 日本であるお舟たちが最近たまに行き来するのが観察されるのにこれは鬱陵島で相当な利益を見ていることを現わすことであり、これは結局問題を起こすでしょう。統理機務衙門では王に報告書を送る必要があります。この山山は何種類理由で伐採が禁止されていて、いくつかの適切な措置と手続きが下ろされなければならないでしょう。しかし、これら日本人は私たちの森で私たちの同意や許可もなしに秘密裡に伐採をしています。この文書は釜山にある日本の政府の外交部官吏に送るのを予定だった。海真ん中位している島を無視することは思い違いです。…” 翻訳引き続き: “島が戦略的位置として大切さと防御制度としての状態はどれより優先的に点検されなければなりません。私は一日も早く李奎遠を搜討使に送ってその事件を調査するようにがると建議させていただきます。…” この要請に対して高宗王は彼に同意する。 韓国の領土境目と独島の急速な瓦解 上記録はどんなに独島の一番近接島が外部に露出した以降不法日本である渡海者たちであふれるようになるかどうかを記述している。幕府の孤立政策が終わって明治日本はすべての方向に拡張されたし、朝鮮の鬱陵島と独島は日本の新しい西の方境界になった。 右側:1902年、日本警察は韓国の鬱陵島(右側)で韓国人たちを徐徐に追い出す不良な日本である滞留者統制するために駐屯する。 この記録になった 2年後、日本政府は礼儀正しく朝鮮の要求によって不法日本である滞留者、伐採士たちと漁夫たちを鬱陵島で強制的に移住させるが、しかし、ただ 20 年後、状況は統制することができなく変わって日本である警察が朝鮮政府の許諾もなしに韓国の鬱陵島に駐屯するようになる。そこから、韓国の鬱陵島のこれら不法日本である漁夫たちは日本の独島編入の道具になる。 English language version of this Dokdo article. 이 독도 기사의 한국어 버전입니다.

Read more
KoreaUSA